和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成31(2019)年度第1学年児童募集については、こちらのページをご覧ください。
 要項は、こちらからダウンロードしていただけます。

平成31(2019)年度
志願者数
 11月13日 17時現在 

 

単式
専願

単式複式併願

男子

71名

34名

女子

62名

34名

 

 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙
 2018家庭環境調査票(word)
   2018家庭環境調査票(pdf) 
 お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

1220689

「学習活動・行事」ページの訪問者数

2015/02/04設置 延べ461656人の訪問がありました。

学習活動・行事

学習活動・行事 >> 記事詳細

2019/01/28

LEDをつけるだけでもこんなに!?

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 2年生では,たま電(鉄道運行)の安全のために,信号機を活用していることを学びました。そこで,自分たちも信号機のプログラムをしてみようという学習活動を行っています。
 なにはともあれ,信号(LED)に明かりがつかなければどうしようもありません。そこで,明かりをつけて消すというプログラムを組みました。
 「“LEDをつける”でいいんよ。」などと言いながら,まずはやってみます。「あれ?つけへ~ん!!」実は,出力先を選ばないといけないんですね~。今回はA0端子です。
 その後,つけてから消すということに。しかし,板書(黒字)のように,子どもたちの思いと,信号機の動作には大きなズレがあります。人間なら,部屋の明かりをつけても,自分の感覚や思いで消します。しかし,コンピュータには,そんな「思い」はありませんので,指示されたことを淡々とこなします。もう,お気づきだと思いますが,「つけて・けして」と指示すると,一瞬(コンピュータに設定された処理速度分)だけ光って消えます。
 上の写真のように,フローチャートも自分でノートに書きますが,「あれ?一瞬や~!」「やっぱりすぐ消えた!」と嘆く子どもたち。…さてさて,どうすれば意図したように点灯することができるのでしょうか。点灯の目的なども必要になりますね。ただ単につけて楽しんで,もういいから消すというような人間が何気なくしていることは,人間にしかできなくて,コンピュータにとって大変難しい作業なのかもしれません。

11:30 | 複式

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!続々更新中!
 

教育事業

 

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 

検索

(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.