和歌山大学教育学部附属小学校
 

体育

研究内容-体育 >> 記事詳細

2020/07/28

第2学年体育科「忍B道場~なげるの巻~」

Tweet ThisSend to Facebook | by ぽんた
校内研振り返り

第2学年体育科
授業者:則藤 一起
指導案はこちら

1.授業づくりの「しかけ」と子どもの探究
 「ドン・シュッ」とは違うオノマトペを考えることで,広げる足の幅が大きくなることを目的とした。

5つの場の内,2つを終えたところで集めた場面
 T:どう?ちょっと強く投げられた?
C:(口々に)うん。
T:先生見てたら,「ドン・シュッ」がロボットみたいになってる子もいたんよ。※1
しょう:あっ,忘れてた。
T:なんか,バラバラ。「ドン」「シュッ」
C:(口々に)「ドン・シュッ」
T:じゅんさん,見本やって。
じゅん:(動きをする)足で「ドン」,うで「シュッ」
かずなり:野球選手みたい。
さとし:投げたかと思った。
T:こんな感じ?
  でもほんまに投げたら,ちょっと違う気するんやけどな。
じゅん:(投げる)“ドン・トン・シュッ”
(「トン」は,「ドン」の後の一歩の感じを私が表したもの)
C:(口々に)うわ~すごい!
T:今の見てた?
  音と足。「ドン」で足,「シュッ」で手,見といてな。
じゅん:(投げる)“ドン・トン・シュッ”
T:先生,真似するで。“ドン・トン(この動きを強調)・シュッ”
T:この前は,音出そうと思って,「ドン」ってしてたんやけど,じゅんさんも,「ドン」の後,もう一歩出てたん見えた?※3
まさき:うん,見えた。
じゅん:(投げる)“ドン・シュッ” 【図1】

 
      図1:じゅんが投げる場面

T:あれ,さっきと変わってもた・・・。※4
T:(悩む)
T:先生が思ったんは,しょうさん「忘れてた」って言ったやんか。忘れてても,足がしっかり前に出てたら,いいのかなと思ったんよ。
さっき,言いたかったんは,「ドン」って言ったけど,じゅんさん,これやったら,足の幅狭いから,もう一回広げたんよ。ほんで「シュッ」てしたんよ。※5
  だから,みんな,そこらへん考えてやってみてくれる。「ドン」がほんまにいいんか,「ドン」じゃなかったら,他に何があるんやろな。「トン?・シュッ」※6

※1
 「ドン」については,足がそろったまま投げている忍Bキッズに“足を出すんだ”という意識付けには有効だった。しかし3時間目で,まだ同じ側の足が出てしまう忍Bキッズが4名いた。動きの流れとして意識させたいと思い,「ロボットみたい」という言葉を使った。

※2,3
 本時は,“投げる方の腕”に着目するのではなく,“歩幅”に着目させたいと考え,指導案を変更した。歩幅に着目させるために,足を大きく広げるじゅんに見本をさせた。その時「ドン」の後に,もう一歩広げた。この,一歩踏み出した「トン」の動きを考えさせたかった。

※4
 じゅん自身が,「ドン・シュッ」を意識して投げたので,“ドン・トン・シュッ”とは,ならなかった。

※5
 教師が“歩幅”について説明をおこなった。

※6
 歩幅に音をつけるなら“トン”などの音になるのかなと問うた。“スー”や“シュタッ”など,他の音を言いすぎると,忍Bキッズの思いを狭めてしまうと考え,「トンかな?」とだけ問うた。

 本時でも,まだまだ“倒したい”“遠くへ飛ばしたい”という思いが強く,夢中で投げている感じが強い。“じゅんのように強く投げたいな”と思っていても“どうしたら強く投げられるのだろう”と考えている忍Bキッズは少なかった。
 よって,本時のしかけというよりは,単元としてのしかけ(➀場や教具の工夫 ②ようかいの雰囲気)により,主体的に何度も何度も,そして強く投げようと活動していた感が否めない。【図2,3】
 また,協議会で「➀オノマトペのおもしろさ・大切さ」と「②自分なりのオノマトペを考えてみてはどうか」というご意見をいただいた。➀自分の体の動きを表すとき,オノマトペを使うことで“自分はこんな風に動いているんだ”という,ふり返りの視点になるのである。また➀につながるが,➁自分の投げ方に自分なりの音をつけてみれば「スタ・シュッ!」などを考え,それを出し合うことで,「ぼくは,『トン・シュッ!』やで」「私は,『ストン・シュッ!』やで。」と,お互いの音を比べ,試していくことにつながると考える。
 
図2:ブルーようかいに投げる!

 
図3:左足を大きく出す!

2.本時における子どもの評価活動
 ●終末のふり返り
  歩幅について…4名
  他の投げ方のコツ(腕のこと)について…1名
  “当たった”“もう少し”などの感想…14名(➀)
  “ドン・シュッ”はやっぱり良い…10名(➁)
  欠席…1名

 ➀➁に多いのは,カードの記入が前回からで本時が2回目であり「できるようになったのはどうしてか」と,意識させてからふり返りを書かせるようにしたが,“○○に当てました”(➀)とできたことを書いているのと,今まで共有してきた「ドン・シュッ」(➁)に疑いをもつ忍Bキッズが少なかったからである。オノマトペよりは「的に当てたい」「遠くへ飛ばしたい」の一心だった。
 しかし➀の中には,「前より上手にできました」や「おしいところまでできました。」など,“どうしてできたか”と言葉では表せないが,以前の自分と比べて書くことができている忍Bキッズもいた。

3.まとめ
 忍B道場~なげるの巻~全6時間を終え,忍Bキッズの投げたい思いを低下させることなく,ずっと維持させ続けられたのは,場や教具の工夫とようかいの雰囲気である。思い切り投げられる場と,たくさんの玉の準備,ようかいから出る声,ようかいを倒して先生の子どもを助けるというストーリーなどである。投げる動きに関しては,活動する際,現状の動きでできるのであれば問題はなかった。それが,箱を重くしたり,投げる位置を後ろに下げたりすることで,“前よりも強く投げなければいけない”“友だちよりも遠くに飛ばしたいな”と思わせ,1回1回投げながら“どうしたら強く投げられるのだろう”と,トライアル&エラーを繰り返していた。
 省察の手立てとして,オノマトペを考える場面とカードに記入の場面を設定していたが,3時間目としては,どちらも難しかった。5時間目「先生,この前,トントントンって3回のバウンドで入ったんやけど,今日はトン1回のバウンドで入った。足を大きくひらいたから!」と嬉しそうに伝えに来たゆい。6時間目「『ドンシュッ』じゃなかったです。『トンシュッ』でした。」と身体の動かし方と対話していたたくや。低学年では,「夢中になって何度も活動する」ことが大切だと思った。
 しかし,夢中になるということは,挑戦して,失敗して,また挑戦して,成功するというのが繰り返し行える活動である必要がある。
 言葉は後からついてくる。できたとき「どんな感じで投げてるん?」と教師から問えば,「〇〇な感じ!体は横向いているやろ。そこから一気に『えい!』って投げるんよ。」「えいってどんな感じ?音を付けるとすれば?」「トンかな?」と,どんどん動きに説明(音)がついてくる。これからも「どんな感じ?」「どんな音?」と問うことにより,忍Bキッズ自身が身体と対話していける体育学習をめざしたい。

23:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 授業・研究活動

注目記事は!?

授業や行事の様子は…こちら
コロナ対策関連情報は…こちら
2019ICT研の様子は…こちら
 

教育事業

 

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 

検索

(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.