和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成30年度第1学年児童募集について,こちらのページをご覧ください。

平成30年度入学選考志願者数
11月17日(金)17:00現在 
  単式専願
コース
 複式併願
コース
 男子74 名23名
 女子68 名21 名
 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を改定しましたので,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙(ワード版PDF版
 平成29年度用です。お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

855285

生活

研究内容-生活 >> 記事詳細

2017/09/27

ぼくらの街の貴志川線4~6

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 生活科の授業を3時間充て,貴志川線の見学を行いました。本校では,生活科ボランティアにご参加いただき,子どもたちの生活科に関わる活動を助けていただいています。今回も,子どもたちの安全を守るため,引率にご協力いただきました。
 子どもたちみんなでワクワク,まずは貴志駅に移動です。今となっては大人気の貴志駅,どんな秘密があるのでしょうか。また,予想図に描いたことからイメージを膨らませながら出かけたことでしょう。
 今回は,子どもたちの見学目的に合わせたグループ活動です。僕は,参加人数の多かった「うめ星電車&いちご電車に乗る電車三昧ツアー」について行きました。乗って来た電車で岡崎前駅まで折り返し,向かいのホームに入って来る「うめ星電車」に乗り換えです。「すご~い!」「きれい!」「こんなのある~!」と本当に嬉しそうに乗る子どもたち。
 しかし,ここには仕掛けがあります。乗車時間約6分…。「もっと乗ってた~い!」そうですよね。でも,和歌山駅で分かれ,後発のうめ星電車に乗らなかったのにはわけがあります。「もっと乗りたい!」その思いをもってほしく,そしてその理由を子どもたちにもってもらいたいと思ったからです。あの時感じた「もっと乗りたい!」の気持ちはどこから来たものなのでしょうか。そんなことを子どもたちなりに表現し,今後の学習につなげたいと思います。
 途中の駅がとっても寂しい感じだとよ~くわかったグループ。貴志駅にはお土産がたくさんあって楽しい駅だとわかったグループ。貴志駅のつくりなどをじ~っくり見学したグループ。それぞれ,気付きや発見があったことだと思います。
 子どもの中には,勇気を出してお客さんにインタビューする様子も見られました。駅では時間がなかったので,お客さんにお願いして車内でお話を聞かせていただきました。「好きな電車はどれですか?」「新幹線です。」あれ?この答えほしかった?でも,これはこれで,何かの大きなヒントになると僕は思っています。子どもたちは気付くでしょうか。
 見学やインタビュー・活動計画やマナー以上の他のお客さんへの気配りなど,学ぶことは多くあります。しかし,大規模な見学でしたがとってもかしこかったと思います。子どもたちはマナーよく電車に乗れていたと思います。よくがんばりました。

22:10 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 授業・研究活動

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!
 

検索

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 
(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.