和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成31(2019)年度第1学年児童募集については、こちらのページをご覧ください。
 要項は、こちらからダウンロードしていただけます。
 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙
 2018家庭環境調査票(word)
   2018家庭環境調査票(pdf) 
 お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

1144072

お知らせ

只今、ページを整理中です。
表示されない年度や、順番が入れ替わっていることがありますが、ご了承ください。
 

教育研究発表会2017

授業者の振り返り
12345
2017/12/20

資料の調べ方

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
授業者:吉久寛郎
学 級:6年C組
単元名:資料の調べ方

 算数科は、次期学習指導要領では大きな変化があることをみなさんご存知だと思います。本研究会では、その大きな変化の一つであるデータの活用から、「資料の調べ方」の授業を行いました。平均値や散らばりや度数分布表・ヒストグラムに加えて、最頻値や中央値にも目向けて考えました。

 本時は、二人の50mのタイムを比べ、どちらの選手を残り一人のリレーの選手に選ぶかを考えました。前単元の「速さ」の学習から50m走を取り上げてきていたことから、具体的にイメージしやすいと考えて課題としました。二つの記録は、散らばりの少ないのと外れ値のある二人で、子どもたち自身どちらにするか迷うものであったが、授業内で分析して結論を出すには、かなり時間が少なかったです。

 協議会では、自分でデータを作るところから始めるのではなく、どう読み取るかに絞って授業をしてもよかったのではないかとご助言頂き大変参考になりました。
協議会を通し反省することばかりでしたが、新しい内容、子どもたちの柔軟な思考等、学ぶべきことがたくさんありました。協議会でのご意見を参考にしながら、今後も実践を深めていければと考えます。

20:20 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 算数科
12345

教育研究発表会2016

授業者の振り返り >> 記事詳細

2016/11/11

5B 社会「工業生産とわたしたちのくらし」

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
工業生産とわたしたちのくらし
~世界一の鉄づくりを目指す製鉄所~

 「実社会で大人が解決に苦労しているような答えのない問題解決に挑む。」このような場面でクラスの合言葉である「乗り越えて誇れる」を具現化した子どもたちの姿,そして,社会科で大事にしている,物事を価値判断・意思決定していく姿があらわれる時間にしたい。このような思いで学習展開を考えました。
 「中国の鉄つくり過ぎ問題」の解決のために日本の鉄鋼メーカーが行っている4つの作戦のうち,どれがよりよい作戦なのか?子どもたちは熱い議論を交わしました。一人ひとりが調べ学習で得た情報を根拠に一生懸命話しました。
話せば話すほど,「分からなくなってきた。」,「まだ続きがやりたい。」このような言葉が授業の最後に聞こえてきたことが最大の成果でした。そして,話し合いの焦点化が最大の課題として残りました。「可視化」,「共有化」,「焦点化」を大事にしながら,子どもたちが問い続け,学び続ける授業を今後も目指していきます。(中山 和幸)

21:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 社会科

教育研究発表会2015

授業者の振り返り
12345
2015/12/24

5C

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた

ふりこの運動
~ふりこ時計のひみつ発見!~
授業者:西村 文成
「ふりこが1往復する時間が1秒に限りなく近づくのは糸の長さが何㎝何㎜のときだろうか」という課題でした。各自がペットボトルで作ったふりこ時計を1秒に近づけるため,ふりこの糸の長さを調整し続けました。対象との対話です。ペアやグループでの活動を入れることで,他者との対話により学びがもっと深まったのではないかと考えます。最後は,写真のようにメトロノームのリズムに合わせ,ふりこ時計が1秒に近づいているか確かめました。25㎝という意見が多かったです。次時では,糸の長さが23~27㎝のふりこで実験し,24~25㎝あたりだということを確認し,限りなく1秒に近いふりこ時計ができました。

15:45 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 5年生
12345

教育研究発表会2014

授業者の振り返り
12345
2014/11/27

全体会(対談)

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた

「子どもたちがどのように学びをデザインしていたのか」
佐藤学先生と秋田喜代美先生による対談
 佐藤学先生と秋田喜代美先生による対談では,本校のこれまでの歩みを踏まえた視点からお話いただきました。私たちが研究していく上で,参考になることがたくさんありました。ほんの一部の紹介になりますが「個と個のつながりをみとる」「授業における教師の丁寧さ」「ドラマがみえる授業」「子どもが思考・探究する授業のよさ」など大切なことを教えていだきました。また,「具体的に授業を取り上げ,非常にわかりやすくお話しいただけたことが有難かった」「学力観について考えさせられた」などのご感想をいただきました。

18:17 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 全体会
12345

教育研究発表会2013

授業者の振り返り
12345
2013/11/30

全体会・講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 全体会では,本校研究企画長の梶本久子より,研究概要についてお話させていただきました。
 講演会では,東京大学大学院教授 秋田喜代美先生に,「学び合う学びをもとめて」と題して午前中の各授業を写真やビデオで振り返りながらお話いただきました。



10:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 全体会
12345

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!続々更新中!
 

教育事業

 

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 

検索

(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.