和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成30年度第1学年児童募集について,こちらのページをご覧ください。

平成30年度入学選考志願者数
11月17日(金)17:00現在 
  単式専願
コース
 複式併願
コース
 男子74 名23名
 女子68 名21 名
 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を改定しましたので,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙(ワード版PDF版
 平成29年度用です。お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

852389

学校提案

研究内容-学校提案 >> 記事詳細

2017/05/31

2017年度 学校提案概要

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
問い続け,学び続ける子どもたち
~子どもの言葉と学びの深まり~

○問い続け,学び続ける子どもたちとは
 「問うこと」とは,現状とあるべき姿との間にできるギャップを感じ,問題ととらえることである。その解決に行き詰ったときに他者とかかわる必然を感じる。「学ぶこと」とは,自らの問題をかかわり合いながら解決していくことである。この「問うこと・学ぶこと」の連続性が新たな自己の変容の認識につながり,さらに問い続け,学び続けようとする。
 「問い続け,学び続ける子どもたち」とは,他者とかかわることに価値を見出し,思いや考えを統合化,再構成しながら自己を更新し続ける子どもたちと定義した。

学びの深まりとは
 問い続け,学び続ける子どもたちの姿が学びの中で特にどの場面において見られるかを考えたとき,それは学びが深まっている場面ととらえた。そこで,本年度はサブテーマを「子どもの言葉と学びの深まり」とした。子どもの言葉によって,学びが深められたかどうかを検証することが問い続け,学び続ける子どもたちの姿が明らかになると考えたからである。
 「学びの深まり」とは,他者とかかわることの中で,概念化したり再構成したりすることで自己の変容を認識する過程だととらえる。この学びの深まりが,問い続け,学び続ける子どもの姿を引き出すと考えた。
 なお,本年度は授業を「可視化・共有化・焦点化」の3観点でとらえ,子どもの言葉をもとにそれらを充実させていくことで学びの深まりをめざしていく。

○研究仮説
 学びの深まりに向かう可視化,共有化を充実させることで,問い続け,学び続ける子どもたちを育てていくことができるであろう。

○研究の重点
(1)可視化,共有化,焦点化を大切にした授業づくり
(2)学びの筋を大切にした単元づくりと身につけさせたいものの見方・考え方=カリキュラム・マネジメント
(3)子どもの学びを支える学習環境

2017年度学校提案全文はこちら(PDF)

22:44 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 提案

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!
 

検索

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 
(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.