和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成30年度第1学年児童募集について,こちらのページをご覧ください。

平成30年度入学選考志願者数
11月17日(金)17:00現在 
  単式専願
コース
 複式併願
コース
 男子74 名23名
 女子68 名21 名
 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を改定しましたので,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙(ワード版PDF版
 平成29年度用です。お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

855171

音楽

研究内容-音楽 >> 記事詳細

2016/07/19

校内研の振り返り②(5年音楽♪)

Tweet ThisSend to Facebook | by:うちがき

 今までは,耳には入ってきていたものの,互いのグループの演奏をきちんと聴き合ったことがなかったので,ここで,互いに聴き合う時間をつくりました。演奏グループは,グループで工夫したところやきいてほしいところを言ってから演奏します。聴くときは,工夫したところやきいてほしいところが演奏で表現できているか,最後まで楽しめる演奏になっているかという視点で聴きました。

 <各グループの工夫したところ・きいてほしいところ> 

1グループ  全員でするところ  7回目と8回目に続けて1人(ソロ)でするところ

2グループ  1回目の木琴のソロ   音の大きさ(強弱)
         太鼓とタンブリンは一緒にするようにした

3グループ   ありがちなところからさけた  音の大きさを工夫した   最後全員でやらない

4グループ  繰り返しを多く入れた  全体を大きく3つのまとまりに分けて考えた

 

<聴いた感想>

1グループ ・小太鼓,タンブリンを小さい音にして,他の音がきこえるようにしていた。

        ・音がきれいだった。

2グループ ・1回目の木琴の音をだんだん大きくしていくのが良い。

        ・木琴のソロがかっこいい。

        ・最後,全員でやっていて良かった。

3グループ ・全体的に音が大きくて,ムードを盛り上げていた。

        ・あえて最初全員で,最後全員じゃないところがいい工夫。

4グループ ・最後のタンブリン特大で良かった。(強弱が強かった)

 

 この聴き合う場面で,いい意見が出されていたのに,焦点化して話し合わせることが出来なかったのが反省点である。協議会でも出されたことであるが,ここで「全員で演奏するところがどのグループにもあるけれど,全員ですることの良さ,意味は何なのだろう?」「ソロがかっこいいって思うのはどうして?」など,もう少し立ち止まりながら話を焦点化させていくと,さらに学びが深まったと考える。


18:51 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!
 

検索

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 
(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.