和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成30年度第1学年児童募集について,こちらのページをご覧ください。

平成30年度入学選考志願者数
11月17日(金)17:00現在 
  単式専願
コース
 複式併願
コース
 男子74 名23名
 女子68 名21 名
 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を改定しましたので,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙(ワード版PDF版
 平成29年度用です。お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

854060

学校提案

研究内容-学校提案 >> 記事詳細

2015/06/08

問い続け,学び続ける子どもたち

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 今年度は,これまでの取り組みの成果と課題から,「問い続け,学び続ける子どもたち」を研究主題をと定め,研究を進めています。

●問い続け,学び続ける子どもたちとは
 これまで本校では,学びを「対象と対話し,他者と対話し,自己と対話することで成熟していく三位一体の活動である。」(佐藤 2009)と定義し,研究を進めてきました。対象,他者,自己との対話は,それぞれ独立したものではなく,他の対話を意識しながら進められるものです。
 その中でも特に他者と
の対話に焦点を当てて取り組んでいます。それは,「一人一人の子どもが授業中にどれだけ『安心・安定しているか』という居場所感と,学びの対象に対してどれだけ深く,また,より長く『没頭・夢中になってかかわり,考えることができているか』という2点が教育の質を決める。」(秋田 2014)と考えているからです。
 人は自ら学ぶとき何らかのこだわりをもっています。そのこだわりによって学ぶ意
味や必然性が生じ,自ら学ぼうとするのです。「自ら学ぶ意欲とは,『内容こだわり型意欲(効力感)』,『関係こだわり型意欲(受容感)』,『条件こだわり型意欲(必要感)』,『自己こだわり型意欲(有能感)』の4種類の意欲の統合体として形成されている」(鹿毛 2007)と考えられます。この4種類のこだわりを関わらせながら,学ぶ意欲を高め,自ら学びを進めていけるような子どもたちになってほしいのです。
 学びを定義する三位一体の活動は,対象・他者・自己に触れたとき自分の内面から発せられ
る「問うこと」によって先導されます。「問うこと」は,対象への新しい価値や自己の変容を実感するなどの学ぶ意欲を高めるのです。そのため,「問い続ける」態度を培うことが,「学び続ける」子どもを育てることにつながると考えられます。学び続けるためには問い続けることが不可欠なのです。

 本校ホームページでは,研究会のご案内をしております。ぜひ,和歌山大学教育学部附属小学校へ足をお運びください。

研究主任:馬場 敦義

学校提案全文は,こちら
21:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 提案

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!
 

検索

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 
(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.