和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成30年度第1学年児童募集について,こちらのページをご覧ください。

平成30年度入学選考志願者数
11月17日(金)17:00現在 
  単式専願
コース
 複式併願
コース
 男子74 名23名
 女子68 名21 名
 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を改定しましたので,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙(ワード版PDF版
 平成29年度用です。お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

854044

第14回復式授業研究会報告

第14回 複式授業研究会報告

御 礼

 去る6月14日(土),今年度の研究テーマ(学校提案)である「学びをデザインする子どもたち~課題意識の深化を通して~」の下,複式提案「主体的に学び合う複式教育~学び合いの場を生み出すみとりと支援~」に基づき,第14回複式授業研究会を開催しました。
 天候にも恵まれ,他府県からの参加も含めて,約100名の先生方にご参加いただくことができました。
 内容の詳細は,以下を御覧いただければと思いますが,算数,国語,理科の3つの公開授業(研究授業),全体会でのワークショップ,3つの部会に分かれての研究授業の協議会を行いました。いずれも,参加者の皆様のご協力も頂き,大変活発な議論と交流が行われました。

 そして,今年度は,研究会全体での学びを総括するために,「個」に寄り添う学びを理論的・実践的に追求されてきた岐阜大学教職大学院教授の石川英志先生に,これまでのご研究の成果と当日参観していただいた授業での子どもの学びの事実をもとに,ご講演をしていただくことができました。

 これまで私たち附属小学校の実践がこだわってきた教育の「哲学」ともいうべきものと子どもの学びのイメージがより鮮明に理解できたと大変好評でした。

 さて,近年の児童数の減少に伴い,また,学校の適正規模化が進んだこともあり,小規模校や複式学級の数が全国的にも減って来ていますが,そのことは単純に複式教育の研究の社会的意義がなくなってきていると言うことを意味しません。複式教育の研究は,当該の小規模校や複式学級にとってだけでなく,「個を生かす」という教育の「原点」を示すものであるとともに,「同時間接」方式に代表されるように,少人数という特性を生かしながら,学びを自らの力で切り拓く「主体性」や「自主性」を育てていくみちすじ,そのためのみとりと支援のあり方を明らかにすることだということができます。それは,多くの単式の学級においても,大切にしなければならない教師の姿勢であり,「魂」だとすらいうことができます。

 ということは,複式学級が本来持っている「少人数学級」という性格や「同時間接」方式という特質が,複式学級にとってだけでなく,単式学級の「学びの質」を保障したり,これから求められる学びのあり方を探求したりする上で,大きな可能性を有しているということを示しています。

 そうした点で,私たち附属小学校でも,これからの複式学級の教育的可能性をどのように拓き,発展させていくかについて,引き続き追究していきたいと考えております。

 最後に,お忙しいなかにもかかわらず,指導助言をお引き受けいただいた先生方,及び,ご参加いただきました先生方に,衷心より御礼を申し上げます。

 本当にありがとうございました。

和歌山大学教育学部附属小学校 校長 船越 勝


 

研究授業より

●低学年算数
 1年生では,足りないたしざんカードはないかを調べる活動を通して,被加数,加数,答えの関係について多様な見方ができるようになることをねらいとしました。
 2年生では,a-□=bの□を,図を使って求め,図を用いて説明し合えることをねらいとしました。

 子どもたちは,互いの考えを図やカードをもとに説明し合い,学び合いの場を生み出すことができていました。しかし,個々の考えが全体のものとして定着させられなかったと感じています。問題文に返ったり,気付きを文字として残したりすることが今後の課題となりました。

●中学年国語
 
3年生は「イルカのねむり方」と「ありの行列」を比べることを通し,説明文の文章構成を考えました。「はじめ・中・おわり」の形を知り,「問い・答え」というふたつの説明文の特徴を学習できました。
 4年生は「動いて,考えて,また動く」と,昨年度学習した「ありの行列」を比べました。双括型,尾括型というふたつの説明文を比べることで,「書きたい説明文の内容によって使い分けたほうがいい」という意見が出されました。この意見を深めることで,子どもたち自身が目的に合った説明文作りができるようになると考えています。

●高学年理科
 5年生は,メダカの食べ物が水中にあると考え,採集に出かけた時の川の様子を発表し合うなどして,予想を立てました。メダカがいた川の水を観察することになりますが,ここで顕微鏡が必要となります。そこで,6年生に顕微鏡の使い方を教えてもらうことにしました。
 6年生は,食物連鎖について,調べてきたことを中心に発表し合いました。「食物連鎖の始まりは植物」という発表を取り上げ,昨年観察したミジンコは,植物を食べていたのか尋ね,実際に見てみようと持ちかけました。ここで両学年が合流して顕微鏡を用いて観察しました。

 6年生が,自分たちの学習活動を中断してまでも,丁寧に5年生に教えている姿が見られ,異学年が学び合う複式学級の良さを改めて実感しました。
 ※研究協議後の振り返りは,
こちらからご覧いただけます。
 

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!
 

検索

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 
(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.