和歌山大学教育学部附属小学校
 

臨休措置

 警報発令時の臨休措置は,こちらからPDFをダウンロードしていただけます。



警報等発令時における措置について

 警報等が発令された場合、下記のとおりお子さまに指示いただけますようお願いします。この措置については、ご家庭でお子さまに指示していただくものであり、メール一斉配信での連絡は基本的にありません。各ご家庭で情報を入手するようにし、当日の電話等による問い合わせはご遠慮ください。

○暴風警報または大雨(大雪)警報または大津波警報が、本校所在地である和歌山市に発令されたときの措置
 上記警報が発令中は、自宅待機あるいは適切な避難場所に避難してください。

・6:00 → 解除 → 給食あり、通常授業
    → 発令中 → 給食中止。自宅待機あるいは避難。

・7:00 → 解除 → 8:30~午前中短縮授業。給食なし、下校12:00
    → 発令中 → 自宅待機あるいは避難。

・8:30 → 解除 → 9:30~午前中短縮授業。給食なし、下校12:00
    → 発令中 → 臨時休業

海南市・紀の川市・岩出市・阪南市・岬町のそれぞれの市町のみに警報が発令されても、休校措置は取りません。
 この場合、該当地域に居住する児童については、安全を期して登校を見合わされることがあっても、欠席扱いにはいたしません。登校にあたっては安全を第一義にお考えください。なお、該当のご家庭は、登校する場合も登校しない場合も、学校までご連絡をいただきますようお願いします。

※次の場合、欠席扱いとはいたしません。安全を第一義に考えてください。
①警報の解除後も、気象状況により登校できなかった場合。
②警報の解除後も、自宅周辺や通学路の状況に危険が予想される場合。
③波浪・洪水・津波などの警報発令時において、自宅周辺や通学路の状況により判断していただき、危険が予測される場合。

※登校後の警報発令について
 登校後、上記の警報が発令された場合、緊急帰宅、学校待機あるいは引き渡しをする場合があります。メール一斉配信にて連絡いたします。

○地震発生のときの措置
 震度5以上の地震が発生し、危険が予測される場合は、学校待機・自宅待機あるいは適切な場所への避難となります。

※あらゆる災害を想定して、緊急時の避難場所や方法、家族間での連絡方法などについて、ご家庭でもよく話し合っておいてください。

※なお、この措置内容については、児童生徒の発達段階の違いを考慮したもので、附属中学校の措置とも異なりますのでご留意ください。
 

注目記事は!?

授業や行事の様子は…こちら
コロナ対策関連情報は…こちら
2019ICT研の様子は…こちら
 

教育事業

 

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 

検索

(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.