和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成31(2019)年度第1学年児童募集については、こちらのページをご覧ください。
 要項は、こちらからダウンロードしていただけます。

平成31(2019)年度
志願者数
 11月13日 17時現在 

 

単式
専願

単式複式併願

男子

71名

34名

女子

62名

34名

 

 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙
 2018家庭環境調査票(word)
   2018家庭環境調査票(pdf) 
 お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

1203722

「学習活動・行事」ページの訪問者数

2015/02/04設置 延べ454841人の訪問がありました。

学習活動・行事

学習活動・行事
12345
2018/12/13

2Bおもちゃランドへ!

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 2Bの子どもたちから招待してもらって,おもちゃランドへ出かけてきました。おもちゃランドは,子どもたちは参加型のイベントに大喜びでした。
 工作をさせてくれるコーナーでは,車や木登り動物などが作れました。ボーリング,玉入れ,千本引きなどのゲームコーナーでも,子どもたちが景品としておもちゃを作ったり,そこで遊べるものを作ったりしていました。帰り際に「あ~!楽しかった!」と大きな声の感想が聞けました。そして,2Bの友達にも,しっかりと感想と挨拶ができた12Fの子どもたちです。かしこかった!
 かしこかったといえば,集団で成長したと思うこともたくさんある2学期後半です。「言わなくても全員で○○をする(始める)」のようなことが少しずつ増えてきています。2年生のリーダーシップもそうですが,1年生が自覚をもって自主的に動けるようになってきていることも,大きな要因だと思います。またお家でも褒めてあげてくださいね。

【12F学級通信より引用】

22:17 | 複式
2018/12/13

ららる~さんによる壁面掲示

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた

 いつも,ららる~(読み聞かせボランティア)のみなさんが図書室の壁面をきれいに飾ってくださっています。この時期は,クリスマスの飾りです。ツリーも出してくださっていて,12月だな~,クリスマス…冬休みだな~という感じが,とってもいいですね!

22:14 | 全校
2018/12/10

プログラミング的思考は有効!?

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 体育にプログラミング的思考を取り入れて取り組んでいる12Fですが,先日はゴムとびの跳び方を改善するために,活用してみました。
 子どもたちは,ほとんどこなすのですが,ゴムを踏む動作のときに難しくて間違えたり,失敗したりします。
 そこで,自分の動作を(その瞬間に)状況に応じて考えられるようにしてみました。さらに,フローチャートをそこに1つ加えるというつもりで,踏むための1つの工夫を考えることにしたのです。
 練習や友だちがするのを見る活動を通して,ほとんど全員が動きを発見できました。写真では見えにくいですが,子どもたち全員がそこに当てはまるチャートを記入することができています。中でも,足を斜めや横にしてゴムを踏みやすくする動作を入れればいいことを8割の子どもが気づき,言葉にして書くことができていました。また,写真のように発表して全員に示すことで,友だちの発見に触れ,その方法に取り組んでみようとチャレンジする姿勢もいつもより多く見られました。
 手順を追って,動作を確認して…。これはプログラミング的思考かどうか,ちょっと僕も勉強中ですが,この方法で成果があったことは事実です。

22:21 | 複式
2018/12/05

体育deぷろぐらみんぐ

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 プログラミングを体育で?と思います…よね。しかし,プログラミングは,プログラミングそのものを扱うことが前提でもなく,プログラミング的思考を育むことを目的にしています。
 そこで,体育と関連づけて取り組んでみました。「跳ぶ」を扱っている今の体育で,どのように跳べば,どんな結果が得られるのかなどを検証しながら,友達を動かすというテーマで行ってみました。
 今回は,フローチャートもきちんと活用し,「スタート・ゴール」「処理」「判断」「表示」(おまけ)のチャートにのせて取り組んでみました。
 ここで面白かったのは,アウトプットするのが,友達(=人間)なのです。つまり,何が起きるかと言うと,同じプログラミングでも動作に違いが生じるということです。人間は相手の意図をくんで動く生き物です。そして,そのようなことが今回の取り組みでも起きました。反対にコンピュータは,一定の動作しか出力しないことも勉強になりました。だれでも同じ動作で目的を達成できるように,子どもたちはプログラミングを修正します。
左の写真のように,友達にプログラムを見せながら,それが実行可能かなど話して確かめたり,比べたりしていました。思い通りに友達が動いたときには,とても嬉しそうに自分のプログラムを眺めていました。
22:26 | 複式
2018/11/28

校外学習 3年生

Tweet ThisSend to Facebook | by:メガネ
校外学習にいってきました★
湯浅の醤油 角長さんと稲村の火の館にいってきました。
国語や社会の学習と関連しています。
実際に見ることで学んだことが自分たちの経験として
結びついていく様子を感じました♪
   
  
07:55 | 3年
2018/11/20

NBA!

Tweet ThisSend to Facebook | by:のりお
5Cバスケの学習が終わり、最後に本場のコート、「ノーリツアリーナ」に行きました。
着いた瞬間、コートの広さ、きれいさに感動!
走って止まると「キュッキュッ」という音。
思う存分、5Cバスケを楽しみました。


ゴー!ゴー!


ナイスゲーム!

次の体育も楽しんでいきましょ!
20:42 | 5年
2018/11/19

極少人数を+に!

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 全国の複式学級では,「極少人数」というキーワードが当たり前に出ます。複式の課題は,1~2人の極少人数であることです。人数が少ないために,考えが深まらないとか,他者とのかかわりが少なくなってしまっているとかいうことです。
 そこで,授業での極少人数の特徴をとらえ,それをなんとか+にしたいと考えて研究を進めています。
 研究内容のページでご覧ください。

22:12 | 複式
2018/11/16

プログラミングってなんやろに?

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 「プログラミング教育」が,世間でもいろいろと騒がれ,プログラミング教室まであったりして…。
 12Fでのプログラミング教育をどのように位置づけようかと,これまで計画を練ってきています。以前紹介した思考スキルに少し似ている部分もあります。筋道立てて,結果を見通して考えながら思考や活動を組み立てて行くところなどです。そんな思考スキルのようなところを,プログラミング的思考にも生かせるのではないかと考えました。プログラミングを活用した授業を行うには,ICT機器ばかりが必需品となるのではなく,これまでの学習の中に,プログラミング的思考を組み込むことで実現するとも言われています。
 先日の授業では,「何をすればどうなるか」にしぼって取り組みました。こんな司令を与えることで,こんなふうに動くということを確認しながら,Hour of codeというサイトの,アングリーバードを動かしてみました。子どもたちは,司令が書かれたカードを,目的が達成できるように組み合わせます。僕が思っていた以上に様々なプログラムが出来上がっていました。実際にそれを入力して画面上で再現します。すると,思ったように進まず,ミッションは失敗に。あれ?と首をかしげる子どもたち。しかし,画面上ではあるものの,出力された動きを見ながら,自分が作ったプログラムと照らし合わせます。そして,どうプログラムすればいいのかなど,案外早く改善策を見出すことができていました。
 1年生は(ペアでしたが)自分の思いが強く,それぞれのプログラムを表現し,上記のように修正していました。2年生は,出力する以前に友達同士のプログラムを見合いながら,教えあって修正していました。学び方も学年それぞれで面白いです。
 別の機会には,Lightbotというアプリを試してみました。ロボットを目的地に進め,決められた場所で電球を灯すというものです。
 最初は,真っすぐ進んでピカ!みたいな感じで簡単なのですが,だんだんとプログラムの要素も追加されてきて難しくなります。ペア(右下写真)でしていたものが段々と4人グループに発展(左写真)するなど,いろいろなやり方やアイデアを持ち寄って解決しようとする姿がありました。
 ゲームのようにステージをクリアしていくようなアプリですので,子どもたちは,とにかくクリアしたい!だから,「先生,教えて~!」と。でも,「それはできませぬ~!」と言いながら,ヒントだけ与えます。各アイコンの司令を与えるとどんな動きをしてどんな結果を確かめさせたり,できることとできないことをはっきりとさせたりしました。
 「あ!わかった!」と嬉しそうにプログラムを組み直す子どもたちでした。考え,表現し,修正を加え,試し,考え,修正を加え,つなぎ…。などなど,頭をよくつかったことだと思います。
 このように,プログラミングを取り入れた授業では,考えを修正しながら学習したり,与えられたものがどう表現(アウトプット)されるのか見通しながら学習したりできると思います。そして,そんなところを生かして,別の教科でもさらに取り入れてみたいと思います。

【12F学級通信より】

22:03 | 複式
2018/11/13

豆腐をつくりました★★★

Tweet ThisSend to Facebook | by:メガネ
 国語の説明文で,大豆がさまざまな食品に姿をかえる説明文を学習しました。そのことを実際に体験してみました!大豆から豆腐ができていく様子は本当に不思議で,先人の知恵には驚かされます!
 当日も多くの保護者の方に力をおかしいただきました。ありがとうございました。
私も出来上がった豆腐をいただいたのですが,何もつけなくても素材の味をしっかり感じる,絶妙な味・・・
つまり,とても美味しかったです!ごちそうさまでした!ありがとうございました☆



19:33 | 3年
2018/11/13

泥だんごバトル!

Tweet ThisSend to Facebook | by:mg
 生活科で、泥だんごバトルに取り組んでいます。
 学校のいろんな場所毎の土を調べると、色も含まれているものも、触り心地もみんな違って、驚きました。
 土で遊んでいるうち、壊れない泥だんご作りをしようということになりました。

 バトルの舞台は、すべり台です。附属小学校のすべり台は途中にジャンプ台があって、難関なのですが・・・

 第1回泥だんごバトルは、見事にみんな木っ端みじんになり、意気消沈しました。

 でも、それぞれ研究して、だんだん強くなっています。
教室に置いている泥だんごも、だんだん変わってきました。

16:20 | 1年
2018/11/12

6年生音楽まつり

Tweet ThisSend to Facebook | by:久保
6年生です。

最近,テレビ等で盛んな状態のときに「○○まつり」という言葉をつかうのを見たり聞いたりします。例えば「炭水化物まつり」と言えば,食事で「やきそばパン」「チャーハンとラーメン」など炭水化物のメニューが2つ以上組み合わさった状態をいうようです。

今,6年生はまさに「音楽まつり」つまり音楽に盛んに取り組んでいます。
さかのぼると10月27日の研究発表会での発表に始まり,11月9日の全国音楽研究会での発表,11月11日の本校のおく山まつりでの発表と大きな発表を3回も行いました。あと1回,12月に続きます。


上の写真は全音研のリハーサルの様子,下の写真はおく山まつりでの様子です。
発表では,和歌山の民謡の「串本節」を歌って踊り,最後にいろいろな楽器を使って合奏するという構成になっています。
休憩時間を費やして何度も練習を重ねた成果をしっかりと発揮できています。
たくさんの音が響き合い重なり合う6年生の力強くなおかつきれいな響きはとってもすてきです。
音楽まつりの最終章,12月の音楽祭での発表もとっても楽しみです。
06:35 | 6年
2018/11/11

おく山まつり 1年生タイム

Tweet ThisSend to Facebook | by:mg
 11月11日は、おく山まつり。
 第1部は、体育館に集まって6年生の串本節の演奏や夏休み中にあったタイのカセサート校と交流の報告を聞きました。

 1年生にとっては、6年生の演奏の後の、1年生タイムがドキドキタイムでした。

 1000人を超えるお客さんの前で、

「子犬のマーチ」の鍵盤ハーモニカ演奏と、「ドレミの歌」の合唱です。
 この日まで、1学期から音楽の時間に、少しずつ練習を続けてきました。

 さすがに前に並んだ時は緊張の面持ちでしたが、「子犬のマーチ」の「ファ〜ラ〜ソ〜ミ〜」は、太陽のようなニッコリ笑顔。リズムに乗って大きく左右に揺れるのも楽しそうです。
 
のびのびと演奏し、歌うことができました。ちょっと強引なアンコールでしたが、会場みんなで「ドレミの歌」を歌うことができ、楽しかったです。
  

16:47 | 1年
2018/11/09

和歌山市はしょうがが有名です☆

Tweet ThisSend to Facebook | by:メガネ
 和歌山といえば・・・みかん。かき。うめぼし。でしょうか・・・・
実は,和歌山は高知県についでしょうがの生産量が高く,その多くはこの和歌山市でつくられています。
 社会科の学習でJAからゲストティーチャーさんがきてくださり,
しょうがや,それを用いたジンジャエールのお話をしてくれました☆
物や人を通してさらに興味や関心がが出てきたようです♪
 お忙しい中ありがとうございました☆

 

15:08 | 3年
2018/11/08

月餅作り

Tweet ThisSend to Facebook | by:mg
 月餅とは、中秋の名月の日、中国の習慣で、お世話になった方に贈ったり、家族みんなで分け合って食べたりするお菓子です。
 お月見は元々、中国の年中行事です。

 今年のお月見はとっくに終わってしまったけど、おいしい月餅を作って食べようという生活科の取り組みです。

 伝統的な月餅は、小麦粉にピーナッツ油やハチミツなどを混ぜた皮に、木の実類やいろいろなアンコを包んで焼いたお菓子です。この日、ボランティアに来てくださった保護者の方が、中国で買った本物の月餅を持って来てくださり、見せてくれました。
 
 ただ、今回作ったのは、最近東南アジアの中華系の方々の間で流行の、スノースキン月餅という焼かないものです。レンジだけで作れてもっちもちでおいしいので、お勧めです。

 6人グループに1人の保護者の方がボランティアとしてついてくださり、材料を混ぜたり、あんこを丸めたり、型で抜いたりする作業をサポートしてくださいました。
                  
  
 2こずつ作り、1個食べて1個持って帰りました。
 
15:31 | 1年
2018/11/05

1年生タイム

Tweet ThisSend to Facebook | by:mg
 隔週月曜日は6時間目があります。このときに「1年生タイム」をする事があります。
学年活動の時間です。

 第1回は、子どもたちによる担任紹介と、ジャンケンレクレーションをしました。

 担任紹介はなぜか、「担任の好きな食べ物紹介」になりました・・・

 その後、5人グループで対抗ジャンケンゲームをしました。
5人がそれぞれ、親指、人さし指、中指、薬指、小指になって、ジャンケンをするのです。
 5人で相談して、何を出すか決めて、「ジャーンケーンポン!」の掛け声で、大きな手のひらになるのです。息が合わないとうまくいきません。
 思いの外、盛り上がりました。

  

17:25 | 1年
2018/11/01

熊野古道にいってきました☆

Tweet ThisSend to Facebook | by:メガネ
 熊野古道と熊野本宮大社にいってきました☆

実際に自分の目で見ること,
   人に出会うこと,
       空気が凛としていること・・・

多くの学びがありましたね☆
 
 
19:41 | 3年
2018/10/25

6年生Dream Map作り!

Tweet ThisSend to Facebook | by:ヤナギー

6年生外国語活動で、町の紹介をするために班ごとに”Dream Map”を作成しました!

班ごとにオリジナリティーあふれるマップを書いていました♪




ipadを使って書きたい建物を探したり、




教科書から建物の英語名を探していました!!




そして、昨日全グループが自分たちのDream Mapを英語で紹介し、

どの班もすごくいい発表ができました(^ー^)
18:30 | 6年
2018/10/10

津木小学校との交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 広川町の広川南インターを降りて,山の方に5分も走ると,小さな小学校が見えてきます。津木小学校です。
 本校複式学級では,他校の複式学級との交流も進めています。

 複式の子ども同士,通ずるところがあるようです。12Fの子どもたちとすぐに打ち解けて学校案内・学校自慢に出かけて行きました。ある女の子はすぐに仲良しを作って手をつないでニコニコ。18,000冊の図書の本,椅子がいっぱいのオレンジルーム,広い運動場に出たときには,「わあ~!」と声が上がりました。そして,根上り松の説明も熱心に聞き,ワクワクのプレイランドで短い時間ながらもよく遊びました。


 帰りには,予定になかった花道まで作り,笑顔で見送りました。子ども科学館にプラネタリウムを見に行く予定だったそうですが,その5分程度の道中,「もっと遊びたかった!」「附属にいてたかった~」と社会見学を計画した先生泣かせの発言が…。こちらとしては嬉しい限りですが(笑)。

 津木小学校の友だちの素晴らしいところを学んだことがあります。話を聞く時のこの並び方!素晴らしいですね。本校今村校長が挨拶をしている場面です。そして,来校時に僕が迎えに行ったのですが,静かすぎてFワークに入ったことに気が付かず,1階と2階ですれ違っていたことです。忍者のよう!互いに刺激しあって,学び合って短時間でしたがとってもいい会になったようで,子どもたちも感想でそのように話していましいた。
 直接行けなくてもテレビ電話などで交流したり,出かける機会を利用して会ったりできると思うので,今後,考えたいと思います。

【12F学級通信より引用】

21:31 | 複式
2018/10/10

2学期視力検査中

Tweet ThisSend to Facebook | by:まるほ

10月に入り、今年2回目の視力検査をしています。

1・2Fさんでは、2年生が視力検査の受け方を説明してくれました。

今までの経験を活かした説明に、1年生は頷きながらしっかりと聞いています。

検査は片方ずつします。

使った後は、きれいに拭きます。


上手に検査を受けているね。


19:05 | 全校
2018/10/05

修学旅行 最終 新大阪出発

Tweet ThisSend to Facebook | by:happyyade
新大阪を出発し,和歌山駅に向かっています

最後までみんな元気に友だちとの会話を楽しんでいます

17:24
12345

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!続々更新中!
 

教育事業

 

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 

検索

(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.