和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

令和2年度入学者選考
志願者数
11月19日(火)17:00 現在 受付完了者

 

複式単式併願

単式専願

男子

26名

57名

女子

18名

53名


 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙
 お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。年度途中に必要な場合は,担任にお問い合わせください。
 

保健

保健関連の書類は,こちらからダウンローをしてご利用ください。

 

訪問者数

1451992

道徳

研究内容-道徳
2019/05/28

道徳科提案2019

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた

1.道徳科の本質

 道徳科は,自己の生き方を考え,主体的な判断の下に行動し,自立した一人の人間としての他者と共によりよく生きることができるための基盤となる道徳性を養う教科である。道徳科の本質は,内面的資質を育てることである。内面的資質とは,子どもがよりよい生き方を実現していきたいという思いや願いを持ち,将来様々な場面に出会った時,その状況に応じて主体的な判断に基づいて道徳的実践を行うことができることである。そのために,自分との関わりで考えること,多面的・多角的に考えることを道徳科の授業の中で大事にしていく。

 

2.目標及び育みたい探究力と省察性

(1)道徳科の目標

 よりよく生きるための基盤となる道徳性を養うために,道徳的諸価値についての理解を基に,自己を見つめ,物事を多面的・多角的に考え,自己の生き方についての考えを深める学習を通して,道徳的な判断力,心情,実践意欲と態度を育てる。

(2)育みたい探究力

 他教科・他領域,日常生活などの体験とつなげて考えたり,自分と友達の感じ方や考え方を比べたりしながら多面的・多角的に自己のよりよい生き方について追究する資質・能力。

(3)育みたい省察性

 道徳的価値理解について自分との関わりで問い直し,自己のよりよい生き方について考えを深める資質・能力。

 

3.探究的な学びのイメージ

 

 

4.探究力と省察性を育む指導

 【探究力を育むために】
他教科・他領域,日常生活などと関連した単元を構成し,単元に関わるテーマを設定することで,ねらいとする道徳的価値を一人一人が自分の問題として捉え,自己のよりよい生き方について追究しようとする「探究力」につながる。また,他教科・他領域,日常生活などでの体験を道徳科で重ね合わせて考えたり,道徳科で考えたことが,他教科・他領域,日常生活などで実践したりすることがくりかえされることで自己のよりよい生き方について追究する姿につながる。
自分の考えが可視化できる手立てや,多面的・多角的に話し合うための工夫などを行うことで自己のよりよい生き方について追究する姿につながる。


【省察性を育むために】

 道徳科の1時間毎と単元の途中での定期的なふりかえりを行う時間を設ける。「今のわたしはどうだろう…」「これから…」等,これまでの自分とこれからの自分のよりよい生き方について考えることができるようにする。単元の終末では,学習課題にこれからの自己の生き方についてよりよい判断力がもてるようにする。

5.研究の評価

 研究内容で取り組んだ授業実践の中での子どもの言葉をもとに,研究の成果と課題を明らかにしていく。その際,授業での子どもの言葉やふり返りの記述などの子どもの表現物を用いて研究の質的評価を行う。また,実践意欲や態度につながったかを学校生活全般の行動の記録を適宜とったり,子ども自身が自己の成長についての振り返りを記述したりしながら検証する。

 

PDFこちら

 


22:33 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 提案
2018/10/19

研究発表会 要項 道徳

Tweet ThisSend to Facebook | by:メガネ
4B 糸我 直人 授業構想シート 本時案
3C 武友 多佳子 本時案 ※公開授業のため 本時案のみ

科教科提案 道徳
08:22 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 授業・研究活動
2018/08/01

2018道徳科提案

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて、道徳性を養うことを目標としている。道徳科は、道徳教育でとらえた道徳的諸価値を補充、深化、統合する計画的・発展的な学習により、道徳的実践力を育成する要となる時間として位置付くものである。
よりよく生きるための基盤となる道徳性を養うために、道徳的価値についての理解を基に、自己を見つめ、物事を多面的・多角的に考え、自己の生き方について考えを深める学びを大切にしていく必要がある。

 提案全文は、こちらからご覧いただけます。

11:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 提案
2017/09/07

授業PR 1C 田中千映

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
みんな みんな たいせつ 「ぼくのしろくま」

 「みんな みんな たいせつ」をテーマに道徳科と各教科等を関連させて取り組みます。この取り組みでは,子どもたちが自分の存在のよさに気付くとともに,動物や植物なども含めた他者も大事にしたいという心情を育てたいと考えています。
 本時は,「ぼくのしろくま」の教材を通して,生き物も共に生きていることを感じ,「生き物を大事にしたいな」と,命について考え始める第一歩にしたいと思います。生活科で生き物の世話に継続的に取り組み,自分たちが生き物の世話をして感じたことと重ね合わせながら考え,友だちと思いを交流し合う子どもたちの姿をめざします。

00:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 授業・研究活動
2017/05/31

道徳科提案 2017

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
「よりよい生き方」について考えを深める道徳科
~可視化・共有化を充実させることで~

1.研究テーマ設定の理由
 昨年度は学校提案を受け、道徳提案を「実践意欲と態度を育てる道徳科~互いにつながり合う授業~」とした。これは、授業のねらいとする道徳的価値を自分の問題として捉え,自ら考え身につけていこうとする意欲を呼び起こすことができれば,実践意欲や態度につながると考えたからである。他教科他領域と関連させた単元での取り組みは、子どもたちの実践意欲や態度につながった。
 その一方、道徳科としての1時間において、よりよい生き方について考えることには課題が見られた。そこで、今年度は、道徳科としての1時間の授業で可視化・共有化を充実させることにより、「よりよい生き方」について考えを深めていきたい。授業の充実が実践意欲や態度をより高めることにつながればと考えている。

2.研究仮説
 子どもの言葉1を可視化・共有化をさせることで、自分なりの「よりよい生き方」について考えを深める子どもたちの姿を引き出すことができるであろう。

3.道徳科における「問い続け、学び続ける子どもたち」
『友だちと考えを交流しながら、自分なりの「よりよい生き方」について考えを深めようとする姿』

低学年
自身の経験と重ね合わせて生き方について考える。
中学年
自分の考えや友だちの考えと重ね合わせながら生き方について考える。
高学年
様々な立場や支店に立って「よりよい生き方」について考える。
 
4.道徳科で身に付けさせたい資質・能力及び態度とものの見方・考え方
めざす力
 
自己を見つめ、自己の生き方について考えを深めようとする力
つなぐ力
 
自己の経験や友だちの考え、これからの自己の生き方を関連させながら考える力
実感する力
 生活の中で、問題場面にであったときに、よりよい判断や行動ができる力

〈ものの見方・考え方〉
 〇多面的・多角的な見方・考え方

5.研究内容
(1)自分の考えを表現しやすくする工夫
(2)自分の経験・友だちの考え・これからの自己の生き方をつなげる見とりと支援

6.研究評価
 5.授業内容で取り組んだ授業実践の中での子どもの言葉や1時間の振り返りの記述から、成果と課題を明らかにしていく。それとともに、実践意欲や態度につながったかを学校生活全般の行動の記録を適宜とったり、子ども自身が自己の成長の生き方についての振り返りを記述したりしながら、検証する。

22:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 提案
2016/10/20

道徳科提案・研究発表会要項

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 本年度の道徳科の提案と,研究発表会要項をこちらからご覧いただけます。

18:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 提案
2016/05/21

道徳部紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
実践意欲と態度を育てる道徳科
~互いにつながり合う授業~

 道徳部では,子どもたちが授業の中でねらいとする道徳的諸価値を自分の問題として捉え,考え,友だちと話し合いをしていくことを通して,自分の考えを変容させたり,深めたりして「よりよい生き方」を再構成することをめざします。自分の考えと友だちの考えが“互いにつながり合う”を大事に,話し合いを進めていきます。また,授業のみに終わるのではなく,学校生活全般において“互いにつながり合う授業”で獲得した道徳的諸価値を自覚し,実践意欲や態度へとつなげていきたいと思います。


田中千映

10:03 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 紹介

注目記事は!?

☆授業や行事の様子は…こちら
☆教育研究発表会は…こちら
☆11/3研究会の様子は…こちら
☆校内研を公開…こちら
 

教育事業

 

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 

検索

(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.