和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成31(2019)年度第1学年児童募集については、こちらのページをご覧ください。
 要項は、こちらからダウンロードしていただけます。

平成31(2019)年度
志願者数
 11月13日 17時現在 

 

単式
専願

単式複式併願

男子

71名

34名

女子

62名

34名

 

 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙
 2018家庭環境調査票(word)
   2018家庭環境調査票(pdf) 
 お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

1166140

理科

研究内容-理科
12345
2018/08/01

2018理科提案

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
 理科は自然の仕組みや自然の中に隠れている原理や法則性などを,科学の方法を用いて自分で見付けていく教科だということを観察や実験を通して気付かせるとともに,問題解決を探究する力を育成する教科である。解決しなければならない問題に遭遇したとき,客観的なデータに裏付けされた知識や技能を駆使して,真理にせまろうとする力は,急速に変化する世の中に生きる子どもにとって必要な資質・能力といえる。このような資質・能力を育成するためには,理科の見方・考え方を働かせて,自然にかかわり,問題を見出し,見通しをもって観察,実験を行い,より妥当な考えを導き出す過程を通して,自然の事物・現象についての問題を科学的に解決することを重視した指導が必要である。

 提案全文は、こちらからご覧いただけます。
11:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 提案
2017/09/07

授業PR 5A 岩﨑 仁

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
電流がつくる磁石 ~電磁石の正体をさぐれ~

 5年A組は電磁石の授業をします。子どもたちが主体的に問題解決をしながら「電磁石の性質」に迫っていきます。
 新学習指導要領では,単元名「電流の働き」から「電流がつくる磁力」に変更されています。「磁力」という言葉が単元名に入り,電流と磁力の量的・関係的な見方を意識していることがわかります。そこで今回は,子どもたちが身近な物から電磁石の仕組みに目を向けて考え,電流がつくる磁力について追究していける単元構成となっています。
 29人の素敵な子どもたち1人ひとりが言葉をつなぎ,まとめ,つくる理科の45分間をぜひ見に来てください。

00:20 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 授業・研究活動
2017/09/07

授業PR 4C 馬場敦義

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
電気のはたらき
~くらべることからさぐっていこう~

 子どもたちにとっては,電気の学習は難しいものです。身近にありながらも,電気を目で見たり,触れて感じたりすることができないからでしょう。昨年度の「電気で明かりをつけよう」に引き続き,今年度も電気分野の単元を行います。電流の性質を理解するためには,電流に対するイメージを豊かにしていくことが大切です。そのため本単元では,体験を充実させていくことで,子どもたちそれぞれのイメージを豊かにしていきます。また今年度は,当日3年生と5年生でも電気分野の理科の授業を公開致します。学年間のつながりも見ていただき,本校の取組を提案することができればと考えております。よろしくお願いいたします。

00:19 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 授業・研究活動
12345

カウンタ

COUNTER18925

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!続々更新中!
 

教育事業

 

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 

検索

(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.