和歌山大学教育学部附属小学校
 

入学選考について

 平成30年度第1学年児童募集について,こちらのページをご覧ください。

平成30年度入学選考志願者数
11月17日(金)17:00現在 
  単式専願
コース
 複式併願
コース
 男子74 名23名
 女子68 名21 名
 

保護者の方へ

警報発令時の臨休措置を改定しましたので,ご確認ください。
●家庭環境調査記入用紙(ワード版PDF版
 平成29年度用です。お手元にダウンロードした過年度のものを使用しないようにお願いいたします。
 

訪問者数

854042

算数

研究内容-算数
123
2017/09/07

授業PR 6C 吉久寛郎

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
資料の調べ方

 新学習指導要領では,領域が見直されました。その一つに挙げられるのが,「データの活用」です。本単元では,現行では取り扱わない最頻値や中央値などにも目を向けながら,問題解決をめざしていきます。
 問題解決に至るプロセスとしてPPDACサイクルを意識した単元を計画したいと考えています。自分の考えの妥当性や他者との考えの違いを,複数の見方や考え方が存在する課題を通して見出していけるようにしたいと考えています。

00:23 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 授業・研究活動
2017/09/07

授業PR 5B 小谷祐二郎

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
割 合

 新学習指導要領のキーワードの1つに各教科の特質に応じた「見方・考え方」があります。算数科にはこれまでも思考・判断・表現の観点としての数学的な考え方がありましたが,資質・能力3つの柱すべてに働く「数学的な見方・考え方」について捉え直す必要があります。今回私は,割合の学習において生きて働く「見方・考え方」を「割合的な見方・考え方」と考えました。「白っぽい」や「あと少し」等,子どもたちが日常的に数量の関係に着目して捉えている「割合的な見方」や,それらに根拠を求める際に図や表に表わそうとする「割合的な考え方」を働かせる新しい割合学習を提案します。

00:20 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 授業・研究活動
2017/09/07

授業PR 2B 糸我直人

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
かけ算

 かけ算というと,九九を覚えることだけに偏ってしまいがちです。そのため,しっかりとかけ算の意味を理解し,主体的に学習に向かう授業をめざします。5,2,3,4の段の九九では,意味や構造をしっかり学習し,6,7,8,9,1の段の九九では,学んだことを生かしながら,子どもたちが自ら九九づくりができるようにしていきます。「どうすれば〇の段の九九の答えを出せるのだろう」と問いをもち,自分なりに絶えず思考し続け,子どもたちが互いの考えたことを分かりやすく伝え,表現し合い,深めながら問題解決に向かう姿を見てください。

00:13 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 授業・研究活動
2017/05/31

2017年度 算数科提案

Tweet ThisSend to Facebook | by:ぽんた
子どもがつなぐ算数授業
~解釈と共有を軸にして~

1.研究テーマ設定の理由
 学校提案を受け、昨年度より算数科提案を「子どもがつなぐ算数授業 ~解釈と共有と軸にして~」とし研究に取り組んだ。一人一人が思考したことを表現すると、各々の解釈は実に異なる。この解釈を丁寧に共有していくことが、子どもの問い続け学び続ける姿を支えると考えたからである。子どもの思考と表現は必ずしも一致するものではなく、またその解釈も異なることから、昨年度は本研究の難しさを痛感した一年であった。
 そこで、本年度も算数科提案を「子どもがつなぐ算数授業?解釈と共有を軸にして?」とし、一人一人の表現を丁寧に解釈する算数授業のあり方を探っていく。

2.研究仮説
 子どもから表出した言葉を互いに解釈し合い共有させていくことで、子どもたちに確かな数学的な見方・考え方を育み、問い続け学び続ける子どもたちの姿を引き出すことができるであろう。

3.算数科における「問い続け、学び続ける子どもたち」
『自ら問いをもち絶えず思考すると共に、仲間の表現に対しても絶えず思考する姿』
 
 課題と向き合うことから、仲間の表現に対して常に働きかける姿まで、45分間絶えず思考し続ける子どもの姿が理想である。このような子どもの姿を求めて授業づくりを進めていきたい。以下に、各発達段階における具体の姿を示す。

低学年
・自分なりの考えをもつことができる。
・仲間の表現に反応することができる。

中学年
・既有経験や既習を生かして考えることがでる。
・自分の考えと仲間の表現や、複数の表現を比べて考えることができる。

高学年
・ねらいや意図に見通しをもって考えることができる。
・複数の表現を関連付けながら考えを整理したり拡張したりできる。
 
4.算数科で身に付けさせたい資質・能力及び態度とものの見方・考え方
 めざす力:未知の問題と出合った時に、自らの力で解決の糸口を見出す力
 つなぐ力:問題解決の際、既有経験や既習、仲間の言葉と自分の考えをつなげる力
 実感する力:算数科で学習した内容を、自分の言葉で説明する力

〈ものの見方・考え方〉
 問題解決の中で、比べたり関連付けたり広げたりしながら、本年度は以下の数学的な見方・考え方を重点的に育む。
 ○類推的な見方・考え方  ○統計的な見方・考え方  ○割合的な見方・考え方

5.研究内容
(1)解釈と共有を大切にした授業づくり
(2)子どもの学習意欲を引き出す課題づくりや課題提示の工夫
(3)数学的コミニュケーション能力を高める授業づくり

6.研究評価
 5.研究内容で取り組んだ授業実践の中での子どもの言葉をもとに、解釈と共有を軸にした子どもがつなぐ算数授業の成果と課題を明らかにする。検証には、授業での子どもの言葉の他に子どもの考えが表現されたノートや単元末テスト等を用いる。

21:57 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 提案
123

注目記事は!?

☆授業や行事の様子はこちら
☆研究書籍を発行しました。こちらから!
LIVE創REATOR-WEBでは,実践紹介をアップしています!
 

検索

お問い合わせ先

和歌山県和歌山市吹上1-4-1
電話:073-422-6105
Fax :073-436-6470
※左上の「メニュー」の中に,お問い合わせフォームへのリンクがあります。
 
(C) 2007 和歌山大学教育学部附属小学校 All Rights Reserved.